kaoru ”音楽は日記のようなもの。”

1991年8月7日生まれ。長野県出身。

耳に残るメロディーとメッセージ性の強い歌詞が特徴。

作りものではないリアルな自分を映しだす。

ライブではギター一本で歌う。

作詞、作曲の他、編曲、mixも行う。

長野県を拠点に活動中。

**********************

「中学生の時からアコースティックギターを弾き始めました。

中3の文化祭ではブルーハーツのコピーバンドもやりましたよ。

高校生の僕はずっと洋楽を聴いていました。

やはりビートルズは特に好きでしたね。ポールが好きでした。

自分の曲を作るようになったのは20歳ぐらいからですかね。

僕はギターと共にいろんな街を移り住みました。

僕の部屋にはパソコンとマイクがあって、自分の歌を編集したりもしています。

これもなかなか楽しい作業でもあるんです。

路上ライブもやります。

街のBGM?になればいいですね。

自分が弾いていて心地良いメロディーを歌にしています。

心地良い音楽であり、ポップでキャッチーでもありたい。

ポップでキャッチーはみんなの心の中に居続けるから!

そこに音楽、流れずとも…」